柳家三之助の「まめさ」を鍛える場所

更新しなければ意味がないブログをどこまでまめまめしくできるか、これも人生だ。
Home » ひとりごと » 被災地への思い、東京への思い

被災地への思い、東京への思い

3月 12th, 2011 Posted in ひとりごと

昨日の大地震、私は上野で食事中に揺れを経験しました。

もちろん、最大の揺れは震度7ということですから想像することも難しいですがそれでも私にとっては初めてのおおきな揺れでした。その後東京では公共交通機関がストップし、上野から自宅のある大井町まで3時間以上かけて歩いて帰ってきました。普段からものを上に積み重ねることでしのいでいた自宅はあらゆるものが散乱し、すこし途方に暮れました。

あくる朝、TVなどの報道でその被害が伝わってくるにつれ、ああ昨日の苦労なんてなんということはなかったんだ、自分はとても運が良かったのだと思いました。いまもまだ、たくさんの人が無事なのか無事でないのかさえ分からない状況の中、幸い被災しなかった方は普段どおりの生活をしようとし、被災した人はリカバリーしようとし、ひどく被災した人はまだ苦しんでいます。

私はといえば、なんだろう。ちょっと考えながら、私は噺家ですから、自分に出来るだけの情報を、人様に迷惑をかけないように続けていきたいと思います。どうやらTwitterというメディアは災害には強いようです。こちらで、自分に出来るだけのことをしようと思います。すべての人を幸せにすることは出来ないし、不快に思う方もいるでしょうけど、情報を自由に選択できるのがTwitterの良さです。

まずは、本日。黒門亭は中止になりました。

このブログ気に入っていただけましたら RSS フィード のURLをあなたのリーダーに登録して、ちょくちょく読んでくださいね。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.