柳家三之助の「まめさ」を鍛える場所

更新しなければ意味がないブログをどこまでまめまめしくできるか、これも人生だ。
Home » Archive by category '身辺雑記'

久しぶりにちゃんとBAR。

11月 20th, 2010 Posted in 身辺雑記

第6回目のセントレア寄席。あちこちから駆けつけてくださってありがとうございます。少しずつ軌道に乗ってきているのを感じる嬉しい会をもつことができてとても光栄に感じています。これからもよろしくお願いします。

さて、スタッフとの打ち上げのあとは大阪からお出かけくださったお客様といつものBAR BARNSへ。このところ腰を据えてウイスキーを呑む機会がなかったのですこし緊張気味。

BAR BURNS

そんな緊張を解いてくれるのが、お店お手製のレーズンバター。各種レーズンはモチロンのこと、名古屋ならではの小倉入りバターを溶けかかるのを待って口に放り込む嬉しさ。

Rose Bank 16y

まず一杯目は「短小軽薄」で。とオーダーして出てきたのがこのローズバンク。何をおっしゃるウサギさん。たしかに軽やかではありますが、竜巻のように香りが身体を包みます。

Bowmore 18y

いきなりペースを乱されて、少し贅沢なウイスキーを頼んでしまう錯乱。1971年蒸留のボウモア18年。南国フルーツ系ですが、上品な酸味もあって、ボウモアとは思えないくらいの煙さがあとから降りてきます。

アイラフェスティバルのラフロイグ二本

さあ次の一本が難しい。こうなったらアイラに寄りかかっていこうと決め、去年と今年のアイラフェスティバル限定のラフロイグ二本。去年のは格別なウマさだったのを記憶していましたが、今年のもうまい、よりラフロイグらしい。となると去年のが奇跡?

カリラ 20y

さあさあ中盤から後半の組み立て。長熟な割に安価なカリラを薦めてくれました。本体はあくまでも落ち着いたウイスキーですが、塩気はザザーッと感じますね。アクロバット。

オクトモア 3rd 5y

そして本日のメインイベント。オクトモアの3rdリリース。1stも2ndもこれも、みんなこのお店で呑んだなあ。でも2ndにあったような荒々しさがなくて、5年という熟成の若さを感じませんな。普通にうまいじゃないか!

白州20y シェリーカスク

オクトモアで締めるべき流れにもう一つ継いでくれるのもこのお店の面白いところ。オクトモアの後でも呑めちゃいますよと出されたのが外国の酒屋さん向けにひっそりと樽詰された白州20年シェリーカスク。シェリーはどちらかというと苦手なんだってばさ。あれっ。あれっ。うめー。濃いーーー。一口呑んで一分後に胃の腑から立ち上ってくる熱気。マスターには笑われたけど「これは遭難用の酒ですね」というのは我ながら言い得て妙だと思っています。

きゃあ。
いつの間にか呑みすぎました。おやすみなさい。名古屋最高。BURNS最高!

ベトナム最終日

11月 7th, 2010 Posted in 2010・ルアンパバーンへ

深夜の便まで時間があるので、もう一歩き。

サークルK

一昨年との違いで目につくのはサークルKというコンビニがあちこちにできたこと。飲み物を街で買うにはてんぴん棒を担いだ行商人から買うしかなかったんですが、こんなのができて便利でもあり、ちょっと寂しくもあり。

電気に注意

電気に注意を促す表示がとても多いんです。雷が目から抜けちゃってるのがなんとも言えない怖さです。

命の危険有り

こんなのもあります。

中央郵便局のあたりまで歩き、ポッドキャスティングの収録を始めました。音の方は別エントリーで楽しんでいただくとして、話の中に出てきた花嫁さんをご紹介します。

潮来じゃない花嫁さん

すごいカメラ目線。もう今日は撮られる気になってるようです。面白いウエディングドレスでしょ。
そして、ベンタイン市場でのご飯。

ベンタイン市場での食事

食べ始めた途端にガム売のおばあちゃんに話しかけられ、収録が中断しています、続行しましたけど。

牛の尻尾

ラオスもベトナムも、うまいのは肉なんですよね。こんな乱暴な売り方をしているからこそうまいのかしら。赤身の旨さが絶品なんです。

ホーチミンも油断させません

11月 6th, 2010 Posted in 2010・ルアンパバーンへ

iPhoneはあきらめました。残念だけど。

気をとりなおして街歩き。せっかく少し冬モードになってきた身体がまた真夏の強い日差しにさらされます。地元の人が涼しい顔で歩く中、汗ダクダク。

土管と子供

どこへ行っても子供は元気。土管の上で遊ぶ子供って、ドラえもんの中だけのことと思ってた。
ホーチミンの楽しさは街にあふれるプロパガンダ看板。

ポスター1
こんなのや。
ポスター2
こんなの。結構私は大好きで他にもたくさん、写真を撮ってきました。

ベトナム名物、大渋滞。歩道だろうがなんだろうが縦横無尽です。

大混雑

一昨年来た時よりも、街はずいぶんと新しい建物が立ち、様変わりしています。日本人観光客をあてんこんだ店も増えました。ベトナムの人たちもチェーン店で食事をするようになったみたいです。そしてこんなつっこみどころも。

ジェーラト

そして見切り発車なところも。

無用エスカレーター

やっぱり好きだな、ホーチミン。

iPhoneを紛失いたしました。

11月 5th, 2010 Posted in 2010・ルアンパバーンへ

記憶にあるのは、中華料理屋で注文前にちらりと見たこと・・・。

あとはなんにも覚えておりません。

帰りのタクシーに乗り込んだ途端に気づいて、中華料理屋とトイレを借りたホテルと、向かってみましたが・・・。とりあえず私のiPhoneの回線はただいま停止しておりますので、御用の方はこのサイトのメールやTwitterやドコモの携帯にお願いいたします。

明日もう一度、探してダメなら諦めてiPhone4を買います。あれ?なんだこのウキウキ感?

LPQ→REP→SGN

11月 5th, 2010 Posted in 2010・ルアンパバーンへ, 飛行機! Tags:

さてさて、ルアンパバーンともお別れです。
空港にて妙にうまいカップラーメンを食し、呆気無く出国、そして搭乗です。機材はベトナム航空VN0869便はFOKKER70(VN-A502)と先日コチラについたのと同じ機材。この路線はシェムリアップからルアンパバーンを経由しハノイを結んでいる路線のようで、ハノイからの乗り継ぎ客もけっこういました。写真は省略!

そしてシェムリアップに到着後、今回は入国せずトランジット通路を通り搭乗口へ。でもやっぱり一筋縄にはいきません。当然搭乗券の発券をしなくてはならないのですが、係員がここに座っていろと言ったきり、待てど暮らせど戻ってきません。こっちは動くこともできないし、とても不快ですよね。何とかならないもんかねえと思いました。こちらから催促してやっとチケットはきましたが、やきもきしてしまったぜ。

さて、ホーチミンへ向かうVN0826便はA321(VN-A348)。実はA321は初搭乗でした。以前まで全日空が保有してましたけどね、今は日本の空からは消えております。先程の便よりもゆったりとした座席配置で約一時間、再びベトナムに入国を果たしたのでした。

VN-A348

ホテルに向かうタクシーでまた面倒発生。メーターで36000ドン(140円)くらいのところ、5ドルも請求されたのです。流しのタクシーを振り払いせっかくタクシー乗り場から乗ったのに、それもトランシーバーを持って配車しているアオザイ姿のお姉さんの案内で乗ったのに、です。もう、めんどくさい。でもこれがベトナムなのは分かっていますので、顔と声で武装して、自分のこれと思う値段を叩きつけてタクシーを降りました。しかも助手席には友達を乗せてんだよ・・・意味分かんない・・これがアジア。

ホテルについた途端にポツポツ雨が降りだしてあっという間に大雨。雨季は終わってるはずなんだけどなあ。東京なら大雨警報な雨。でも空を見るとこんな感じでした。

夕焼けと雨

雨降っているのは写真からじゃ分かりませんが、こんなにいい夕焼けなのに雨がざんざか降ってるんですよ。変なの。でもきれいな空でした。

夕方になり大渋滞の中をタクシーで街中へ。水などの食料を買い込みにスーパーへ。去年来た時よりも円ドン相場が半分くらいになっているので、えらい安く感じます。缶ビール一本32円。で、近所の中華料理屋へ。

揚州炒飯

バン。

牛肉と玉葱の炒め

バン。

ワンタン

これで、ビール一本頼んで800円弱。全部うまくてこの値段。いやー最高!
でもこの後、大変なことが起こります・・・。